妊娠・授乳中のバストケアはどうしたらいい?

サロンには産後のバストに悩んでご来店される方も多いのですが授乳後はバストがショボショボになってすごいがっかりした…という声を良く聞きます。

干しぶどうのようになったしょんぼりバストを改善できますか?とご質問いただきますがケアをきちんとしていけば大丈夫ですよ!

 

少しお時間はかかりますがケアをすることでしょんぼりおっぱいがごきげんおっぱいになってきますのでぜひこれからお伝えするケアを参考になさってみて下さい^ ^

 

 

ただ一つ約束していただきたいのが…

おっぱいを責めないこと。

赤ちゃんを育てるためにがんばってくれたおっぱいですから『なにこのおっぱい…気持ち悪い』と嫌うのではなく

『よくがんばったね!ありがとう。今度はたっぷりケアしてあげるね!』と労ってあげて下さい。

愛情たっぷりかけてあげればバストもそれに応えてくれますよ。

妊娠・授乳中はバストマッサージはお休みして

・バストの保湿

・バストアップする姿勢

・タンパク質たっぷりのバランスのよい食事

を心がけてください。

妊娠初期はつわりも大変だと思うので特にケアをしようと思わずにのんびり穏やかに過ごしていただき、ケアをはじめるのは安定してきた妊娠中期くらいからがおすすめです。

 

また出産後は1ヶ月はのんびりと過ごし体調をみながら2ヶ月後くらいからケアを行いましょう。

 

もちろん、体調には個人差があるのであくまで目安としてください。

決して無理をせずに、転んだりお腹を圧迫するような運動は避けて穏やかに呼吸を行えるくらいの負荷で行いましょう。

動画でも解説しているのでぜひ参考になさってくださね^ ^

 

この記事を書いた人

堀口

バストにコンプレックスを持ったのは…ちょっとおませな小学校3年生! 成長の早い友達の身体の変化に衝撃をおぼえ、子供ながらにバストケアをはじめる。
中学・高校、ブラジャー不要!制服着ていても男の子と間違われる始末。 大学に入ってからは、サプリにエステ、化粧品に補正下着…バイト料はひたすらバストアップグッズに投資しては、散財の日々。
『彼氏に揉んでもらえば大きくなる』その噂に密かに期待し、はじめてできた彼とドキドキの初デートはバイクの二人乗り! 胸をあてて女性らしさアピールと思いきや『胸じゃなくてお腹があたる』と言われ撃沈。
巨乳の母と妹に肩身の狭い思いをしつつ、バストへの異常なる執着心で、大学卒業後はエステティシャンに。学歴が台無しだと親に泣かれるがおかまいなし。
『プロになれば解決できる!』わけではなく、バストへの謎は深まるばかり。
わからないなら、自分で作ってしまえ!と、自らの身体を実験台に研究に励むこと十余年。
Aカップのまな板バストもEカップの上向きおっぱいにした実績をもとについに究極のバストアップメソッドが完成!!
現在は、そのメソッドを元に表参道にて、バストサロンCOCIAを運営。
3ヶ月でみるみるバストが変わると、全国から来店客が押し寄せ、芸能人もお忍びで通う人気店に。
COCIAに来ると、内面からキラキラと美しくなるため『大きなオーディションが受かる』『仕事が不思議と舞い込んでくる』『異性にご縁がなかったのに同時に2人の男性から口説かれる』などなど、ハッピーミラクルが押し寄せると評判に。 美胸にならない胸はない!と豪語するバストのお悩み解決人!

最近の記事

雑誌に掲載されました!





COCIA ONLINE SHOP

PAGE TOP