美胸スクール

バストアップサロンの実力差が生まれるのはなぜ?絶対に外したくないポイントとは

先日、通学制プロフェッショナルスクールの最終日でした。バストアップサロンって最近すごく増えましたけど、実力差がすごいあるのはご存じでしょうか?

バストアップサロンCOCIAが他のサロンさんとどう違うのか。施術のうまい下手の分かれ道はどこなのかについてスクール生のMさんのフィードバックも兼ねながらお伝えしたいと思います。

Mさまは高知県からはるばる通ってくださいました。他にもバストアップスクールはある中でわざわざ東京まで当サロンに来て下さったのは『この先生から教わりたい!この先生ならついて行って大丈夫だ!』と思ったからだそうです。

 

それはめちゃんこありがたいですね!でもそれってあながち間違いではなくて、私がバストアップサロンをはじめたときはほとんど同業者っていなかったんです。今ではだいぶ増えてきましたが、先駆者として常に第一線を走ってきた自負はあります。

歴史が長いだけではなく、実力と実績もちゃんとありますし、筋肉や骨のことをしっかりと熟知した上での施術、栄養学を元にした実践的な食事指導、個体差にあわせたフィッティングができるのが当サロンの強みですが、実はそのようなサロンは多く存在しません。ほぼないといってもいいかも…。

それもそのはず、それはみんな習ってきてないので教えることもできないし、教わることもないといった感じで、仕方ないことなのかもしれません。

また、ゼロからオリジナル商品を作っているのは当サロンだけだと思います。たまにナイトブラやバストアップクリーム、バストアップサプリの他社商品をバストの専門家が監修をした!というのがありますが、あれって本当に名前貸しなだけなので実際に開発もしてなければ提案もできない状態なんです。そもそも商品が完成してある状態で専門家として●円で名前を貸してくださいというシステムなので商品開発するだけの知識は残念ながら持ち合わせていないのです。むしろ持ち合わせていたら自分で商品作るじゃないですか…って話なんですね。

 

その点、当サロンでは自社でバストアップクリーム、バストアップ専用プロテイン、育乳ブラと開発してきました。顔出ししてきちんと責任もって自社商品を販売している会社はないですよね。それだけ怪しい会社は多いんです。

私は元々バストに悩んでいるうちの一人だったので、今まで散々バストアップ商品を買い漁り失敗してきました。1週間で大きくなる!という甘い言葉に誘われて大金を散財してきたのは言うまでもありません。

なので、本当に胸を張ってよいと言えるものしか販売したくないという想いから私の商品作りは始まりました。ただ、私はこれまで化粧品や健康食品の開発はしたことがなかったので、かなり勉強しました。業者さん任せにしたくないので色々と把握するのに結構苦労しましたね

 

なかでもブラジャー製作は非常に専門的で難しいのですが私はブラジャーのパターン(設計)から学びました。そこまでしなくても、工場に依頼したらそれなりのものが作れるのですが、私は絶対にそれが嫌だったので、いちからブラジャー製作について学びました。東京だけでは学べなかったので、関西や東北地方にも学びに行きました。

バストサロンでブラジャーパターンを理解している人はいませんから、これは自分の最大強みだと言えます

 

自分でも引くくらいの勢いで強欲的に学んできたのは、せっかくCOCIAに来て下さったんだから期待にこたえたいし、しっかりと変化を出して人生をより良いものに変えていただきたいこだわりのものを提供したいという想いが人一倍強いからです。ただ、その弊害としてはこだわりが強すぎてなかな進捗が思うように進まないという難点はありますが…w

 

熱く語りだすと止まらないので話を戻しますよ。経験とスキルはどこのサロンさんにも負けないと自信があるので、スクール生の方にも私の実績を元に教えて差し上げられることはしっかりとお伝えしたいなと思ってスクールをしております

バストアップ技術を学ぶきっかけは人それぞれあると思いますが、Mさまは元々はネイルサロンをされていて、激務で身体を壊してから今後のことを考えてバストケアを提供したいと学びにきてくださいました。

 

すでにネイルサロンを経営されているのもあり、訴求ポイントを他のサロンさんとは異なるよう考えられていたりと問題がなさそうだったので、経営面では軽めのアドバイスにとどめ、どちらかというと施術に思いっきり比重を置いたカリキュラムとしてやらせていただきました。

通学のプロフェッショナルコースでは動画学習の後に、毎月一回ご来店いただき、学んでいきます。

最終日には通しで技術をやってもらいそれをチェックしてフィードバックしていきます。今回はみか先生をモデルにして、二人でチェックしていきました。ちなみに、COCIAはどこのサロンよりも細かい&うるさいですw

お客様はせっかく高いお金と時間をかけてお越しくださっているので、不快な思いをさせてお帰りになるなんて言語道断!!

 

心配りのできるセラピストになっていただきたいので、姑さんのようにこまかーいポイントをチェックしていきます笑

皆さま意外にできてないのがタオル。タオルワークは厳密にいうと施術ではありませんが、私は施術の一部と思っています。何気に多いのが横から見ると肩が出てしまっているケース。

これ、意外とお客さまとしては寒いです。また、施術してるとタオルがズレてくるのでどんどん肩が丸出しになるんですね。

肩が出ないようにしっかりとかけて差し上げるようにしましょう。下記の写真で言うなら左肩はOKで右肩はNG。

ちなみに、みか先生は仕事中にスマホで遊んでいるのではありませんw
伝えるべき点をメモしているのであります。

 

当サロンはちょっと変わっていて肘を使った施術なのですか、この肘の使い方がポイントです。肘頭といって、肘の先っちょに近ければ近いほど力が入ります。

使うべき場所は部位により使い分けるのですが、基本は大と書いてある赤丸のあたりになります。写真を見ると圧が入ってる場所が手首よりになっているので、身体からの圧が抜けてしまってる状態です。そうすると必然的に手の力でやることになります。

手の力でやる施術は
・結果が出ない
・施術者が身体を傷める
という、両者ともに何一ついいことなし!!

10年の施術キャリアがある方、色んな技術を習得してきた方、国家資格を持っている方など数多くの方を指導させていただきますが、きちんと体を使った施術ができていた方はほとんどいませんでした。

 

当たり前のように言われていても、それを体現できている方って業界の1%もいないのではないでしょうか。そのくらいみんなできてないんです。

 

手の力で施術を行うと、痛すぎたり弱すぎて物足りなかったりと加える圧にムラができます。筋肉がきちんとほぐれないため、効果が出ないばかりか不必要な揉み返しの原因になることもあるので、ここは絶対に譲れないポイントです。

習得するのが難しいので繰り返しお伝えしている部分でもあります。

 

また手首を反らせる癖があるので、施術件数を重ねるたびに手を痛める可能性がありますから注意が必要です。手元はリラックスして行いましょう。

 

施術を続けるうちにまた疑問点がでてきて、さらなるスキルアップが必要になる時が来ると思います。その際はフォローを行いますのでぜひ成長した姿を見せにきてくださいね

 

年明けくらいからサロンがオープンとのことなので今月が準備で大変だと思いますが、持ち前の決断力と思考力でそのまま突き進んで頑張ってくださいね^^

またお会いできる日を楽しみにしております

 

プロフェッショナルコースの通学が1月からはじまります。ご検討されている方はこの後は半年後と先になってしますのでどうぞお早めに。詳細は下記をご覧下さい。

 

LINEの友達追加はこちら

元Aカップ貧乳から30歳過ぎてバストアップした秘訣と15,000人以上の施術実績を元に正しいバストアップ方法をお届け!

LINE限定でのお得なクーポン、バストアップ商品プレゼント企画も開催しているのでお見逃しなく。