おすすめの育乳ブラであなたもバストアップ!

バストアップのためにブラジャー選びが大切だって聞いたことはあるけど、自分にあうブラ選び方がわからない!
そんなあなたに美胸を手に入れるための育乳ブラについてレクチャーしたいと思います。

はじめに

育乳ブラについて本格的にお伝えしていく前に、ブラジャーについてなぜ私が語れるのか説明させてくださいまし。
ちょいと長くなるので『つきあってられんわぁ~』というせっかちさんは読み飛ばしてくださいね。
私はバストアップ専門家として施術もしますが、ブラジャーのデザインをしたりパターン(設計図)をひいたりしています。

私の強いは身体を知る専門家でもあり、ブラジャー制作サイドからの視点もあるということです。
施術者でありながらブラジャー制作の表面ではなく、原型から作り上げるところから把握していく人は日本で私だけだと思います。
なかにはサロンをやりながらご自身のブラジャーを販売している方もいらっしゃると思いますが、
下着の知識は相当なもので、ちょっとブラジャーが好きというレベルでは完全オリジナル商品は絶対に作れません。
(実際に自分が体験してきた話です。)
おそらく、OEMといってどこかの会社にオリジナルっぽく作っていただいてるのであって
商品の深ーいところまでは知る由もありません。というより、知っても普通の人はわからない。。。

7年くらい前でしょうか。のんきな私は『オリジナルのバストアップ下着なんか作りたいなぁ』なんて思っちゃったわけですよ。
そして下着の世界に飛び込んでみた。

そしたら・・・・すんごい閉鎖的で古めかしい考えの世界でした・・・。
(下着業界の方ディスってごめんなさい。でもほんとにそう思ってしまったんです。)
こんなブラジャー作りたい!という私の考えが一気に吹き飛びました。
『オリジナル商品を作るには結構な金額がかかる上に、あなたの希望しているような機能性のあるブラは作ることができないですよ。』
バッサリと断られました。その方がおっしゃる内容も専門的過ぎて話の3パーセントも把握できなかったし、
何がわからないかもわからない状態でした。

バストアップのために有名な育乳ブラについても一通り試してきてたし、
それなりに下着について知識もあると自負していたので内容把握することができなかったことに
とてもショックを受けて帰ってきたのを今でもよく覚えています。

しかし、性格のねじまがっている私は、だめといわれると何とかしてやろうじゃないかと燃えるタイプ。
そこからオリジナル育乳ブラを作り上げるためにはどうしたらよいか?を頭に入れ、下着の勉強をより専門的に学んでいくことにしました。

現在はその知識を生かして本格的にオリジナル育乳ブラの開発をしています。
(『ほしい!』!といってくだすったそこのあなた。販売はまだちょいと先なのでしばしお待ちを^^)

さてこれで記事完了にしちゃおうかなと思うくらい長くなりましたが、(ここまで読んでくれた辛抱強い皆さん!大好きです!!)
そんな私だからこそ語れることをお伝えしていきたいと思います。

1.育乳ブラとは

先日、育乳ブラに関する投稿をInstagramにて行った時にご質問をいただきました。
『育乳ブラってよく聞きますけど、普通のブラジャーとは違うのでしょうか?』
言われてみれば確かに・・・。普通のブラジャーといえば普通のブラですしね笑

ざっくりいうと、補整力があるかないかです。補整力を別の言い方に変えるならばバストメイクをするちからとでもいいましょうか。

下着はざっくりいいますと、ランジェリーとファンデーションの2つに分けることができます。

・ランジェリー
ランジェリーとはボディを装飾するようなデザイン性を重視した下着です。
ひらひらしていたり、えっ、これってつけることに何の意味があるのっていうような衝撃的なデザインのものも多いです笑
セクシーランジェリーをイメージしていただくとわかりやすいかもしれませんね。
とても繊細で美しい仕上がりとなるためランジェリーには基本的に機能性はありません。まぁ、育乳ブラとは目的が違うわけです。

 

・ファンデーション
反対に、機能性を持たせたものがファンデーションとなります。育乳ブラもこちらのカテゴリーに入ります。
脇や背中に逃げてしまったバストをぐいっとまとめてバストラインを美しくしてくれる役割があります。
いわゆる、補整下着というやつです。補整力をウリにしたものやバストメイク力をウリにしたものかで言い方を使い分けているメーカーさんが多いのではないでしょうか。

育乳ブラと言った方がバストアップしたい人には引っかかりますから、
このネーミングはビジネス戦略的なものであって、厳密なカテゴリー分けはされてないのが現状です。
なので、そのメーカーさんが育乳ブラって言ったら育乳ブラ。

私が思う育乳ブラは、バストアップ施術とセルフケア効果を高めてくれるもの。
バストまわりに生き別れてしまったバストたちをきちんとカップにおさめることができ、それをキープする機能性が備わったものを指します。

バストメイクしてそれをキープできるブラジャーが育乳ブラだと覚えたおいてください。

 

 

2.育乳ブラが必要な理由

先ほど施術やセルフケアでの効果を高めるために、使うのが育乳ブラだとお伝えしました。
このブラジャー選びに失敗するとバストは一気に残念おっぱいになりますから注意が必要です。
詳しい選び方のポイントは後ほどお伝えするとして、ここでは育乳ブラがなぜ必要なのかをご説明しますね。

・ふっくらデコルテを死守するため

30代以降のお悩みでとても多いのがデコルテが骨っぽいこと。どんなにGカップでボリュームがあつたとしても襟元からのぞくデコルテがゴツゴツとしていては魅力が半減してしまいます。

バストは何もしなければ年齢とともにどんどん下がっていきますから、ブラジャーを正しくつけることで不必要にバストを揺らすことを防ぎます。

しかし、ブラのつける位置が下すぎて、形が崩れてしまっている人がほとんどといってもいいほど。
皆さんが思っている以上に、ブラジャーは結構上でつけます。ブラのワイヤーとバージスライン(バストと上体の境目のライン)がぴったりと同じ位置につけることが大切です。

また、育乳ブラではないだめブラだと、ゆっさゆっさと胸を揺らしてしまい、数年後に残念おっぱいになって泣くことになりますよ。ふっくらしたデコルテを死守しましょう!

ちなみに、デコルテとは鎖骨の下とバスト上部の部分を指します。鎖骨から下、手のひら一枚分のスペースをデコルテと認識していただいてオッケーです。

・綺麗な谷間を作るため

人間の肋骨は丸みがあり、そこに半球体のバストが乗っています。そのため何もしなければバストトップは外を向いてしまう、いわゆる離れ胸という状態になりやすいのです。

育乳ブラでトップバストを中心に寄せて綺麗な谷間を作りましょう。谷間があるとテンションも上がるのでバストケアの励みにもなりますしね^ ^

 

 

 

余談ですが、太った男性にバストがあっても彼らには谷間はありません!
谷間は女性らしさをアピールする最大の武器の1つであると言えましょう!

谷間には夢とロマンが詰まっている!うん、こりゃ〜名言でたな。

・ハリを保つため

激しい運動をするわけでもないし、そんなに胸も揺れないからと休日はノーブラで過ごしたりしていませんか。

歩くだけでもバストは揺れます。繰り返し揺らされたバストは弾力がなくなってきてしまいます。
加齢とともにバストのハリは失われてしまうので、不必要に揺らすことは断じて許してはなりませぬ。

先ほども出てきましたが、育乳ブラであったとしてもつける位置が下すぎるとその効果が発揮することができませんので
バージスラインとワイヤー位置はしっかりと確認してくださいね。
お風呂前にブラを外した時にワイヤー跡をチェックして、ピッタンコ賞GETできたかを毎日確認しましょう。

・姿勢を正しく保つため

正しく育乳ブラをつけることで、自然と上体が起き上がります。
痛かったり装着が苦痛なブラジャーは身体の歪みやコリを引き起こしますので、身体と一体感を味わえるブラジャーをセレクトすることが大切です。

 

3.育乳ブラが効果的な体型

実は育乳ブラで効果の出る体型とそうでない体型の方がいらっしゃいます。
それはバストアップマッサージの記事でもお伝えしていたのと同じで、寄せるお肉が全くないほどのガリガリスリム体型さんですと効果を実感しにくくあります。

先日、サロンにいらした細身のお客さまが
『バストアップには補正下着が良いと友達が言ってました!なので補正下着をつけてみたいと思うのですがどうでしょうか?』
と期待に目を輝かせてらっしゃったのですが、残念ながらそのようなことはありません。

補正下着に関わらず、育乳ブラもバストメイクをしてくれるアイテムですが、
そもそもバストメイクをするだけの材料がないとその効果は発揮できません。そうすると、スリム体型さんはがっかりしてしまうかもしれませんね。

でもね、落ち込まなくて大丈夫ですよ。今はあまり意味がないだけであってバストを作っていけばいいだけですから。
詳しいやり方はバストアップ本に記してありますので興味ある方はそちらをご覧ください。

【参考記事】・表参道バストアップサロンCOCIA魔法の美胸メソッドについて

 

4.育乳ブラを買うならどこのブランドがおすすめ

よくどこのブラジャーがオススメですか?と聞かれるのですが、残念ながら人の身体はそれぞれ違うのでこれで大丈夫だよ!っていう絶対はありません。
これからお伝えする美胸を育てるブラジャーの条件に該当するのであればどこのブランドでも構いません。

ひとつの目安にしていただきたいのが価格。だいたいいくらぐらいが妥当だと思いますか?

大きく分けると
・2,000円くらい
・30,00~4,000円
・5,000~6,000円
・8,000~15,000円
・15,000円以上

くらいに区分されるかと思います。
2,000円くらいのプチプライスのものは基本的にバストアップしたいのであれば買わないこと。

ティーンをターゲットにしたものが多く、ピチピチの彼女達のバストにはあまり機能性などなくても若さでカバーできます。
そのくらいの費用であっても若いうちはそこまでボディバランスが崩れたりという危険はありません。

しかし、バストを育てたい人や30代以降の方がティーン向けのプチプライスの下着をつけていると…あっちゅーまに残念おっぱいまっしぐらに!

そこで1つの目安にしていただきたいのが5~6000円以上のブラジャー

バストアップするための条件が揃っていれば、ぶっちゃけ値段なんて関係ないといえばないのです。
が、安いと安いなり…ということも多いにありえます。と、いうのもブラジャーは40ものパーツから基本はできています。

コストダウンをはかるには、企業努力ももちろんあると思いますが素材を安いものにしたり、ミシンの縫い方を単純にしたり、針数を少なくしたりと縫製代を浮かせる工夫をする必要があります。
となると補正力が落ちてしまったり、肌当たりが悪くなったりと使い心地や機能性も低くなります。

また安さが一番の売りになるので、パターン(型紙と思っていただければ)をあまりこだわりなく作成したりと
商品開発費用を下げなければ安く商品は売ることができません。

安い開発費用で高品質のものを作るには限界があります。
1,000とか2,000円とかで売られているものは一体いくらで作られているんだって話ですよね。
それにバストアップ効果とかバストメイク力とかを求めるのはナンセンス。(まれに安くても良いものもありますが。)

ということで、綺麗なお胸を作りたいのであれば5~6000円以上のものを買うことをお勧めします。
となると…ここで思うのが高ければ高いほどいいのでは?…という考え。

それはちょいと違うやも。。。
ブラジャーが3万円以上するものは少し考えたほうがいいかもしれません。

ただ、インポートランジェリーは関税がかかるので高くて仕方ないところはあります。
また、ブランドものや、高級レースを使用しているものは1メートルで5万円するものもあるのでこちらも、ちょっと別物とお考えください。

それ以外で、3万円とか5万円とかするものは下着そのものがめちゃくちゃ優れている…
というよりもどちらかというと販売する人たちの報酬や宣伝広告費にかかっているものが多いですね。

なので、そこまで高い下着は買う必要はありません。是非とも買うときの1つの参考になさってみてください。

5.育乳ブラを買う時の8つのポイント

それでは実際に育乳ブラを買う上でチェックしていただきたいポイント8つをお伝えしていきます!
育乳ブラの大前提として、覚えておいていただきたいのがバストの範囲をおおえるものであるということ
バストの範囲とは、鎖骨から下・上の付け根から内側・バージスラインより上を指します。
この範囲をすっぽりと覆うことができなければ、ワキ肉や背中のハミ肉を生み出し、
バストが小さいのに余計なお肉がたんまりある・・・という大惨事になりかねません。

そのため、育乳ブラ選びで最も大切なのは肩紐が腕の付け根にあるかどうかです。

 

育乳ブラ選びのための8つのPOINT

①肩ひもの位置は腕の付け根にきてるか

腕の付け根から指一本くらいの隙間であればつけ方次第でカバーできるのでOK.
指が2~3本と隙間がしっかりとあいてしまうブラジャーでは、バストの脂肪がどんどん脇や背中に逃げて行ってしまうので要注意。

②肩ひもは1.5センチと幅広でよく伸び縮みのするものを。アジャスターは前について、アンダーまで肩紐が渡っているものが◎

通常Bカップ未満のサイズですとバストにボリュームがないからそんなに太い肩紐は必要ないでしょという考えから
肩紐が細いものがほとんどです。バストを脇からしっかりと集めたいので、可能な限り肩紐が太いものを選びましょう。
1.5cmほどの幅があると尚良いです。

また、よく伸び縮みする素材かどうかも確認しておかないと、身体の動きにフィットしてくれずに
バストメイク力が落ちてしまいます。伸ばした後にピタッと戻ってくれる素材が◎。
ただし、お店でミョンミョン伸ばして店員さんに怒られないようにしてくださいね笑

肩ひもの調節アジャスターが前側にあるものを選ぶと、肩ひもの調整を着用のまま行えるので便利です。
ただ市場では後ろアジャスターが一般的ではあるのでなかなか見つからないかもしれません。。。

③ワイヤー入りの3/4カップ、3枚はぎのものを選ぶ

フルカップ、ハーフカップなどと聞いたことがあると思いますが、市場にでまわっているものの大半が3/4カップのブラジャーです。
バストをひとつの円とみなした時に、どのくらいカップが覆っているかで区別されます。
3/4カップブラはワキ肉をしっかりと集めるのが得意なタイプ。
バストアップのための育乳ブラにはこの形が最適です。

そしてバージスラインをくっきりとさせるためにもワイヤー入りのものを選ぶようにしてください。
ノンワイヤーではバストメイクする力に欠けるので、必ずワイヤ―ブラをチョイス。

カップは丸いバストをつくるためにも3枚はぎのものを選ぶと良いです。
といっても、だいたいのブラジャーはパッドポケットがついていてカップ裏が確認できませんから
見た目で丸いバストラインかどうかを判断していただくので十分だと思います。

④サイドボーン入りの脇が高いものを選ぶ

 

 

 

 

指で刺しているところがサイドボーンです。プラスチックの芯が入っていることで
身体から浮かずにピタッと補整してくれます。
脇が高いものを選ぶことで、集めたワキ肉が逃げずにしっかりとおさまりますので
少なくとも5cm以上はあるものにするといいですね。
大きなバストの方はそれよりももっと幅広なものにしましょう。

⑤フックは2~3段のものを選ぶ

フックが1段のものだと、必然的に脇の高さが低くなりますので、2~3段あるものにしましょう。
通販などで育乳ブラとして売るために4段5段のフックの使用を売りにしているところもありますが、
個人的にはあまりお勧めしません。

背中のコリや肋骨の可動をせばめてしまう原因になるからです。
バストアップしたいのであれば2~3段フックのものをチョイスしましょう。

⑥カップ角があるものを選ぶ

カップ角(つの)ってなんぞや?ってかんじですよね、
カップのはじっこ、肩ひもとの連結部分が角が生えたようになっているブラジャーを見たことありませんか?

 

 

ちょっとみえにくいかもしれませんが、私の小指の下あたりの部分です。
これがあることでカップをしっかりと救い上げてくれるので安定感がでてきます。

⑦アンダーベルトは上下辺テープがあり伸び縮みするものを

ワキから背中をしっかりと覆うアンダーベルトは、肩紐とどうようにしっかりと伸びて戻りの良いものをえらびましょう。
また、ベルトを裏から見ると上下辺テープといって二本のテープが縫い付けられています。
最近のブラジャーはこのテープがついていない切りっぱなしの生地を使用しているものも多く
数回着用することですぐにへたってしまうブラもありますので注意が必要です。

⑧パッドは取り外しのできるものを選ぶ

よく育乳ブラとして極厚パッドが内蔵されたブラジャーが販売されていますが、育乳ブラの名前にひかれて買うことのないように。
谷間はできるかもしれませんが、バストをギュウギュウに押しつぶすことになりおわん型のバストから遠のくことになりますからお気をつけて。

パッドは取り外しできるものを必要時に使うようにしてください。
例えば、左右差があって左はぴったりだけど右はカップがぷかぷか浮く・・・・といった場合。
このような時は、パッドで隙間を埋めて胸が揺れて下垂しないように支えてあげましょう。

6.育乳ブラを買う時は必ず試着すること

どんなに良いと噂されるブラジャーだとしても必ず試着をするようにしてください。
試着するのか恥ずかしいからとネットや通販で購入する方も多いと思いますが、全てのブラジャーが良品とは限りません。

また、同じブランドであっても、品番によりブラジャーの違いがあることもあります。

使用している生地が違えば着用感も異なりますので、いつも買ってるブランドだったとしてもその都度試着はしましょう。

女性は生理周期により胸が膨らんだりむくんだりと身体も日々変化しますので少なくとも3ヶ月に一度は試着&育乳ブラの買い替えを検討することをお勧めします。

7.ブラジャーが苦しい痛い!つけたくないというあなたへ

ブラジャーをつけていると息苦しくて好きじゃない。ブラジャーのワイヤーが当たって痛い。などの理由からキャミブラやノンワイヤーブラをつけられる方も少なくありません。

しかし、キャミブラやノンワイヤーブラではバストを支えることができません。楽である分、バストメイクするちからもないので、バストは下垂し、デコルテやバスト上部から脂肪はそげかえるようになくなってきます。動きにあわせてバストも揺れてしまいハリもなくなってしまいますから注意が必要です。

息苦しい、痛いなどなんらかの不快感がある場合は正しいブラジャー選びができてないと思っていただいて良いと思います。上記のブラジャー選びのポイントを参考にもう一度、育乳ブラの見直しをはかってみしょう。

まれに、肋骨の歪みからどうしてもそこに当たってしまって痛いという方もいらっしゃいます。そのような場合は、ブラジャーでどうこうする前に身体を整えることを優先した方がバストアップ効果も出やすくなりますし一石二鳥です。

その際は下記内容を参考になさってください。

【参考記事】

1日5分簡単にできる!バストアップエクササイズ【下半身編】
1日5分で簡単にできるバストアップエクササイズ【上半身編】
寝る前に全身を整えるバストアップエクササイズ

まとめ

正しい育乳ブラの選び方のポイントはわかりましたか?正しい育乳ブラを選んで正しいつけ方を行うとピタッと身体にフィットしてとても気持ち良いものです。これらを参考にして良い下着をGETしてくださいね。

この記事を書いた人
堀口

堀口

バストにコンプレックスを持ったのは…ちょっとおませな小学校3年生! 成長の早い友達の身体の変化に衝撃をおぼえ、子供ながらにバストケアをはじめる。
中学・高校、ブラジャー不要!制服着ていても男の子と間違われる始末。 大学に入ってからは、サプリにエステ、化粧品に補正下着…バイト料はひたすらバストアップグッズに投資しては、散財の日々。
『彼氏に揉んでもらえば大きくなる』その噂に密かに期待し、はじめてできた彼とドキドキの初デートはバイクの二人乗り! 胸をあてて女性らしさアピールと思いきや『胸じゃなくてお腹があたる』と言われ撃沈。
巨乳の母と妹に肩身の狭い思いをしつつ、バストへの異常なる執着心で、大学卒業後はエステティシャンに。学歴が台無しだと親に泣かれるがおかまいなし。
『プロになれば解決できる!』わけではなく、バストへの謎は深まるばかり。
わからないなら、自分で作ってしまえ!と、自らの身体を実験台に研究に励むこと十余年。
Aカップのまな板バストもEカップの上向きおっぱいにした実績をもとについに究極のバストアップメソッドが完成!!
現在は、そのメソッドを元に表参道にて、バストサロンCOCIAを運営。
3ヶ月でみるみるバストが変わると、全国から来店客が押し寄せ、芸能人もお忍びで通う人気店に。
COCIAに来ると、内面からキラキラと美しくなるため『大きなオーディションが受かる』『仕事が不思議と舞い込んでくる』『異性にご縁がなかったのに同時に2人の男性から口説かれる』などなど、ハッピーミラクルが押し寄せると評判に。 美胸にならない胸はない!と豪語するバストのお悩み解決人!

最近の記事

初めての方へ

keyboard_arrow_rightCOCIA(コキア)について
keyboard_arrow_right美胸体験コースのご案内
keyboard_arrow_rightご予約状況について
keyboard_arrow_rightお客様のご感想
keyboard_arrow_rightサロンまでのアクセス方法

雑誌に掲載されました!





COCIA ONLINE SHOP

PAGE TOP