仕事とバストアップを両立させる方法【デスクワーク編】

最近はデスクワークのお客さまが立て続けにご来店くださっています

不思議なもので、同じ職種の方が集中することって多々あるんですよね。

デスクワークはかなり人数も多い職種かもしれませんが、一時期は獣医さんが集中したこともありますし、

理学療法士さんや看護師さんばかり…なんて時もあります。

 

 

で、最近はデスクワークで肩と首がバッキバキに凝り固まっている方が集中しているわけなのですが…

みなさん口をそろえておっしゃるのは、

 

「PC作業なので肩は凝るし目も疲れるし、ずっと座りっぱなしなので身体もガチガチでつらくなる」ということ。

 

 

 

作業に集中するといつの間にか首(頭)だけ前に出て前のめりの体勢になっていることが多いです。

 

 

そうするとやはり、肩と首のところにかなりの負担がきてしまうので、ガチガチになるのも当然と言えます

バストに近い部位なので、凝り固まっていると胸を引っ張り上げてしまって、バストの形崩れを引き起こしたり、

ブラジャーに入れ込んでもすぐに逃げてしまう原因になります。

 

血流も滞らせてしまうので、バストまで栄養が行き渡らない…なんてことにもなりますね。

 

 

なのでデスクワークの方が気を付けるべきは、

徹底して方や首、背中周りのこわばりをとっていくということと、

そもそも仕事中にいかに凝りを作らないようにするか?ということです。

 

こわばりがあるならそれをほぐしていけばいいわけですが、そもそも凝りを作らないように意識することが得策ですね^^

 

なので、仕事中パソコン作業をするときには正しい姿勢を心がけるようにしてあげましょう。

 

・いすに座るときは座骨を立てて座る

・PCを目の高さと同じになるようにセットする

・頭だけが画面に近づかないようにする(近くで見たいなら鼠径部から折れるように近づく)

・脇を閉じて作業する

などなど

 

ちょっとした工夫で身体の負担を減らすことが出来るので、是非取り入れてみてください。

詳しくはこちらの動画でご確認くださいね^^

 

 

 

パワーアップ版【魔法の美胸メソッド】はこちら

日本全国の書店・Amazonにて購入が可能です。スマホで繰り返し、好きなタイミングで読みたい方は電子書籍をご利用ください。

この記事を書いた人

神田

10代の頃からバストの小ささや左右差に悩み、巷で話題のバストアップ法をあれこれ試すが効果は得られず。自分はバストアップ出来ない身体なんだと思いつつもバストへの憧れを捨てきれず、ボリュームアップが出来ないならばもう一つのコンプレックスだった飛び出た肋骨を矯正し、せめてバスト周辺をキレイに見せられるようにしようと美容整体に通う。そこで骨盤や肋骨を整えてもらう内に、心なしかバストもふんわりしてきたように感じ、関係性を調べる内にCOCIAにたどり着く。歪みをなくし身体の土台から整えてバストアップさせるという美胸メソッドに惚れ込み、異業種からの転身を決意し弟子入りする。
身体だけでなく「活き活きしてると言われるようになった」「バストケアを通じて自分と向き合い、自分を大切に出来るようになった」など、内面にもキラキラと変化をもたらす美胸メソッドの魅力を多くの女性に届けたいと、日々ハッピーに奮闘中。

最近の記事

雑誌に掲載されました!





COCIA ONLINE SHOP

PAGE TOP